税金の節約

医療費控除の過去分の申請は確定申告の有無で期限が異なるので注意

医療費控除の過去分の申請は確定申告の有無で期限が異なるの注意

今回の節約術のテーマは【医療費控除】です。

医療費控除とは、1年間に支払った医療費の合計が10万円を超えた場合に、所得控除を受けられる制度です。

制度を知らなかったり、申告し忘れていたり、後悔している人に朗報です。

過去約5年分であれば、医療費控除の申告は出来ますので、還付金が戻ってくる可能性があります。

人により、過去分の医療費控除の申請方法や期限が異なりますので、条件にあった方法でチャレンジしてみましょう。

なまけもの
なまけもの
医療費控除を受けられるかどうか、とりあえず領収書を探してみよう。

医療費控除とは

医療費控除とは1月1日から12月31日までの1年間に支払った金額(健康保険や保険会社から補填された金額は除く)が所定の金額を超えたときに、超過医療費分を所得から控除できる制度です。

医療費の額は同一生計の家族のために支払った医療費の合計金額です。

所定の金額は総所得が200万円以上か未満かで異なり、医療費控除額の計算方法は2通りになります。

医療費控除額(総所得金額が200万円以上)

医療費控除額

医療費控除額(総所得金額が200万円未満)

医療費控除額
なまけもの
なまけもの
医療費控除額は1年間で実際に支払った医療費から所定の金額を引いた額 

医療費控除の対象については医療費控除の対象と還付金の計算方法にも書いてありますので参考にしてください。

医療費控除
医療費控除の対象と還付金の計算方法今回の節約術のテーマは【医療費控除】です。 医療費控除の対象費用を理解して、税金の還付が受けられるかどうか...

医療費控除の過去分の合算はできるのか

過去分の医療費を合算して医療費控除を申告することはできません。

ある年の1月1日から12月31日の1年間に支払った医療費に対して、医療費控除の条件を満たし、申告期限内であれば申告できます。

なまけもの
なまけもの
2015年分と2016年分の医療費の合算して申告することはできないので注意して下さい。

医療費控除の過去分の申請方法

確定申告をしている場合

医療費控除を申告したい年の確定申告をしている場合、更正の請求により医療費控除を申告します。

作成済みの確定申告書をもとに更正の請求書を作成し、税務署に提出します。

確定申告している場合の必要書類

・更正の請求書

・本人確認書類

・医療費の明細書(2017年/平成29年以降分の申告の場合)

・医療費の領収書(2016年/平成28年以前分の申告の場合)

・本人確認書類

確定申告をしていない場合

医療費控除を申告したい年の確定申告をしていない場合、確定申告書により医療費控除を申告します。

確定申告書を作成し、税務署に提出します。

確定申告していない場合の必要書類

・確定申告書

・源泉徴収票

・医療費の明細書(2017年/平成29年以降分の申告の場合)

・医療費の領収書(2016年/平成28年以前分の申告の場合)

・本人確認書類

医療費控除の確定申告の記載例は国税庁のホームページに記載してありますので、下記リンクからご確認下さい。

なまけもの
なまけもの
2017年/平成29年以降は医療費の領収書ではなく、明細書でOKになりました。

過去何年分まで遡れるのか

確定申告をしている場合

更正の請求ができる期間は医療費控除を申告したい年の申告期限から5年間です。

2019年3月15日までであれば、2013年、2014年、2015年、2016年、2017年の更正の請求ができます。

確定申告をしていない場合

還付申告できる期間は医療費控除を申告したい年の翌年1月1日から5年間です。

2019年中であれば、2014年、2015年、2016年、2017年、2018年の還付申告ができます。

確定申告の有無で医療費控除の申請期限が異なる。

 

まとめ

過去分の医療費についても期限内であれば申告できるので、該当する場合は税金の還付を受けましょう!

医療費控除アクション

  • 過去分の医療費控除の対象となる費用を計算し、控除可否を調べる
  • 還付申告もしくは更正の請求をして税金の還付を受ける

 

医療費控除メリット 30,000円節約(1年、所得金額500万円・医療費控除額10万円の場合)

関連記事

医療費控除の対象と還付金の計算方法

セルフメディケーション税制の対象商品は薬局で買える市販薬