娯楽費の節約

エクスプレス予約とプラスEXとスマートEXの違いを理解して自分に合うものを利用しよう

エクスプレス予約とプラスEXとスマートEXの違いを理解して自分に合うものを利用しよう

今回の節約術のテーマは【新幹線代金】です。

観光や帰省で新幹線を利用すると思いますが、東海道・山陽新幹線のお得で便利な予約システムを知っていますか。

エクスプレス予約プラスEXスマートEXと名前が似ていてごちゃごちゃしているので、特徴を理解して、自分にあった予約システムで快適な旅行を手にしましょう!

なまけもの
なまけもの
自分はエクスプレス予約を利用しています!窓口に並ばなくてもいいし、発車ぎりぎりでもスマホから予約も変更もできるから楽ちん!

新幹線ネット予約の種類

東海道・山陽新幹線の指定席を利用できる会員制のネット予約サービスは

「エクスプレス予約」「プラスEX」「スマートEX」とがあります。

※2017年9月2日からプラスEXはエクスプレス予約に統合され、エクスプレス予約(プラスEX)になりましたが、本記事ではプラスEXと表記します。

新幹線予約サービスの共通メリットはこんなにあります。

  • ネットで簡単に座席予約ができる
  • 手数料無料で何度でも予約変更できる
  • チケットレス
  • 早割り商品がある

スマホから新幹線の予約ができるのはとても便利です。あらかじめ予約していた新幹線を、予定より早く駅に着きそうだから一本早い電車に変更することにも使えます。

改札にもチケットレスで入場できますし、とにかく時間を節約できます。

早割り商品もあるので、お財布にもやさしいです。

例えば早割21を利用した場合、東京ー新大阪間で3,450円も安くなります。

区間 のぞみ運賃
(通常期)
早特21運賃
(普通車指定席)
東京⇔名古屋 11,090 8,800(▲2,290)
東京⇔新大阪 14,450 11,000(▲3,450)
名古屋⇔博多 18,540 13,000(▲5,540)

なまけもの
なまけもの
どの新幹線予約サービスが自分にあっているか、各予約システムの違いを細かくみていきましょう!

エクスプレス予約のメリット

一年中お得な値段で乗車できる。年末年始、お盆も同一料金。

乗車区間と回数に応じてグリーン車に乗れる(グリーンプログラム)。

乗車運賃が安いのが魅力です。

区間 のぞみ運賃
(通常期)
エクスプレス予約
(普通車指定席)
東京⇔名古屋 11,090 10,110(▲980)
東京⇔新大阪 14,450 13,370(▲1,080)
東京⇔博多 22.950 21,320(▲1,830)
名古屋⇔新大阪 6,560 5,580(▲980)
名古屋⇔博多 18,540 16,650(▲2,090)

さらに、乗車区間に応じてポイントが貯まり、グリーン車に乗ることができるのは、エクスプレス予約だけの特典です。

  • JR東海エクスプレス・カードに入会する必要がある
  • 年会費1,080円かかる
  • チケットレスだがEX予約専用ICカードを携帯する必要がある

EX予約専用ICカードはこちらです。

新幹線改札機にタッチすることで直接入退場できます。

エクスプレス予約カード
なまけもの
なまけもの
エクスプレス予約のメリットは値段が安いこと!年会費はかかるけど、すぐに元は取れます。EX予約専用ICカードを持つことも特に苦に感じないです。

エクスプレス予約の詳細はエクスプレス予約は割安運賃で新幹線に乗りたい人におすすめで早得割引もありにも書いてあるので興味のある方はご覧ください。

プラスEXのメリット

一年中お得な値段で乗車できる。年末年始、お盆も同一料金。

好きなクレジットカードに予約機能をプラスできる。

乗車運賃が安いのは、エクスプレス予約と同じです。

エクスプレス・カードに入会する必要がなくなり、クレジットカードに機能を「プラス」ことができます。

プラスEXを利用可能なクレジットカード会社一覧はこちらです。

  • グリーンプログラムが適用外
  • 年会費1,080円かかる
  • チケットレスだがプラスEX予約専用ICカードを携帯する必要がある

プラスEX予約専用ICカードはこちらです。

プラスEXカード
なまけもの
なまけもの
新幹線にそれほど乗らなくてグリーン車に乗らなくてもいいなら、プラスEXの方がお得な気がしてきた。 

エクスプレス予約からエクスプレス予約(プラスEX)に変更しましたので、興味のある人はプラスEXにメリットを感じエクスプレス予約から変更しましたもご覧ください。

プラスEXにメリットを感じエクスプレス予約から変更しました
プラスEXにメリットを感じエクスプレス予約から変更しました今回の節約術のテーマは【新幹線代金】です。 CM効果で知名度がある東海道・山陽新幹線の予約システムのスマートEXに対して エ...

スマートEXのメリット

交通系ICカードで乗車可能。

年会費無料。

EX予約専用ICカードが必要なく、交通系ICカードでサービスが利用できるようになります。

余計なカードを増やさなくていいことがメリットです。

  • グリーンプログラムが適用外
  • 運賃の割り引きは少ない
なまけもの
なまけもの
スマートEXは値段は気にせず、手軽にネット予約したい人向きです。 

新幹線ネット予約システムの特徴比較

エクスプレス予約プラスEXスマートEXの違いをまとめてみました。

エクスプレス予約 プラスEX スマートEX
年会費 1,080円 1,080円 不要
グリーンプログラム あり なし なし
乗車専用カード 必要 必要 不要
交通系ICカード 非対応 非対応 対応
早得制度 あり あり あり
東京ー名古屋
普通車指定席
10,110円 10,110円 10,890円
東京ー新大阪
普通車指定席
13,370円 13,370円 14,250円

自分にあった新幹線ネット予約システムの選択の参考にしてください。

割安運賃でお得に利用したい人

エクスプレス予約orプラスEX

クレジットカードのポイントを貯めたい人

プラスEX

乗車機会が多くてグリーン車に乗りたい人

エクスプレス予約

余計なカードを増やさずネット予約したい人

スマートEX

なまけもの
なまけもの
お得な料金設定かつ自分の好きなクレジットカードを使えるから、プラスEXに変更します!

おすすめアイテム

新幹線での旅を快適で便利にするグッズです。

パスケース

エクスプレス予約プラスEX予約専用ICカードが必要なので、ベラつきのパスケースがおすすめです。

真ん中のケースに予約専用ICカードを入れて、交通系ICカードを左右どちらかのケースに入れておきます。

交通系ICカードが2枚ある場合は、左右のケースにそれぞれ入れておきます。

ベラつきのパスケースがあれば、それまでの乗車状況に応じて新幹線の改札でスマートに入場できます。

  • 新幹線駅から乗車

     予約専用ICカードで入場する

  • 在来線は交通系ICカードAを使用した場合

     交通系ICカードAと予約専用ICカードを重ねて入場する

  • 在来線は交通系ICカードBを使用した場合

         交通系ICカードBと予約専用ICカードを重ねて入場する

出張

無線LANルーター

出張先のホテルで無線LANを使用できるようになります。

いまどき、無線LAN環境のないホテルの方が少ないかもしれませんが、

電波の影響で速度が遅かったりします。

部屋の有線LANとコンセントに接続するだけで、快適な無線LAN環境を即座に構築できます。

子供との旅

シールブック

子供を連れての新幹線の移動は大変です。

お菓子などを食べた後は時間を持て余してしまいます。

スマホなどを安易に与えても良くないですし、お困りの方も多いでしょう。

こんな時に活躍するアイテムがシールブックです。

何回も貼ったり剥がしたりできますし、知育にも良さそうです。

子供がはまれば、かなりの時間を稼ぐことができます。

まとめ

東海道・山陽新幹線の予約システムはお得で便利なので、おすすめです。

予約システムの違いを理解して自分にあうものを利用しましょう。

娯楽費節約アクション

  • 新幹線に乗るときはプラスEXでお得な運賃で乗車する
  • 娯楽費節約メリット 7,840円節約(年間4回東京‐名古屋を夫婦二人で利用する)

関連記事

エクスプレス予約は割安運賃で新幹線に乗りたい人におすすめで早得割引もあり

プラスEXにメリットを感じエクスプレス予約から変更しました