税金の節約

医療費控除の対象と還付金の計算方法

医療費控除

今回の節約術のテーマは【医療費控除】です。

なまけもの
なまけもの
払った年間の医療費が10万円を超えたら、節税できるって聞いたことある!
なまけもの嫁
なまけもの嫁
聞いたことある!キリッ!じゃなくて、具体的に何の費用が対象になるのよ!!
なまけもの
なまけもの
医療費控除の概要をすぐに調べます。

医療費控除の対象費用を理解して、税金の還付が受けられるかどうか検討してみましょう。

医療費控除とは

医療費控除とは1月1日から12月31日までの一年間に支払った金額(健康保険や保険会社から補填された金額は除く)が所定の金額を超えたときに、超過医療費分を所得から控除できる制度です。

所定の金額は総所得が200万円以上か未満かで異なり、医療費控除額の計算方法は二通りになります。

総所得金額が200万円以上

医療費控除額

総所得金額が200万円未満

医療費控除額

一年間に支払った医療費の額は同一生計の家族のために支払った医療費の合計金額です。

なまけもの
なまけもの
医療費控除額は一年間で実際に支払った医療費から所定の金額を引いた額です。

医療費控除の対象

診療・治療・検査

 

医療費控除の対象
  • 医師に支払った診療費・治療費
  • 診療などを受けるための医師の送迎費
  • マッサージ・針・灸等の施術費(治療目的)
  • 義手・義足・松葉杖・補聴器・義歯などの購入費用(治療目的)
  • 療法上の世話を受けるための付添料(親族以外)
  • 人間ドック・健康診断等の費用(疾病が見つかり、治療を行った場合)
  • 介護福祉士等による一定の喀痰吸引及び経管栄養費用
  • 介護保険制度の下で提供された一定の施設・居宅サービスの自己負担額

 

医療費控除の対象外
  • 医師や看護師に支払った謝礼
  • マッサージ・針・灸等の施術費(疲れの癒し・体調調整目的)
  • 療法上の世話を受けるための付添料(親族)
  • 人間ドック・健康診断等の費用

歯科

 

医療費控除の対象
  • 歯科医師に支払った診療費・治療費
  • 歯列矯正(治療目的)
  • 自由診療費(治療材料として一般的な金やポーセレン等を使用)

 

医療費控除の対象外
  • 歯列矯正(美容目的)
  • 自由診療費(治療材料として一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものを使用)

眼科

 

医療費控除の対象
  • 視力回復レーザー手術(レーシック手術)の費用
  • オルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)の費用
  • 眼鏡の購入費用(治療目的)

 

医療費控除の対象外
  • 眼鏡の購入費用(近視や遠視などのために日常生活使用目的)

出産

 

医療費控除の対象
  • 妊娠中の定期検診や検査
  • 助産師による分娩の介助料
  • 出産時のタクシー代

 

医療費控除の対象外
  • 出産のための帰省費用

通院・入院

 

医療費控除の対象
  • 通院のための交通費(公共機関)
  • 入院費用
  • 入院時に病院から提供される食事代
  • 差額ベット代(医師の指示)

 

医療費控除の対象外
  • 通院のための交通費(自家用車のガソリン代や駐車場代)
  • 差額ベット代(本人・家族都合)

医薬品

 

医療費控除の対象
  • 治療・療法に必要な医薬品の購入費

 

医療費控除の対象外
  • 病気の予防や健康増進のための医薬品の購入費

医療費控除の対象となる医療費の詳細説明やQ&Aが国税庁のホームページに記載してありますので、下記リンクからご確認下さい。

なまけもの
なまけもの
全部は覚えられないな。。。医療費控除の対象となるポイントは治療目的かどうかだけは最低限覚えておこう

医療費控除の申請方法

必要事項を記載して確定申告が必要です。

  • 確定申請書の第一表の18欄に医療控除額を記載
  • 確定申請書の第二表の18欄に支払い医療費と補填金額を記載
  • 医療費の明細書に医療費控除の対象となる費用を記載

医療費控除の確定申告の記載例は国税庁のホームページに記載してありますので、下記リンクからご確認下さい。

還付金の計算方法

医療費控除による還付金は所得金額により異なります。

所得金額の税率はこちらです。

所得税率

個人住民税の税率は10%です。

ある所得金額と医療費控除額の場合の還付金のケーススタディはこちらです。

ケース1

所得金額 500万円(税率20%) 医療費控除額10万円

所得税還付金  10万円 × 0.2 (20%)= 2万円

住民税還付金  10万円 × 0.1 (10%)= 1万円

還付金合計    3万円

ケース2

所得金額 1000万円(税率33%) 医療費控除額10万円

所得税還付金  10万円 × 0.33 (33%)= 3.3万円

住民税還付金  10万円 × 0.1   (10%)= 1万円

還付金合計    4.3万円

家族で一番所得が高い人が確定申告をすると還付金が多くなります。

まとめ

医療費控除の対象費用を漏れなく確定申告して税金の還付を受けましょう!

医療費控除アクション

  • 医療費控除の対象となる費用を記録する
  • 領収書をまとめておく
  • 確定申告をする

 

医療費控除メリット 30,000円節約(1年、所得金額500万円・医療費控除額10万円の場合)

関連記事

医療費控除の過去分の申請は確定申告の有無で期限が異なるので注意

セルフメディケーション税制の対象商品は薬局で買える市販薬