ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング業者はどこがいいのか?実践で見えてきたおすすめ特徴比較

ソーシャルレンディング業者はどこがいいのか?実践で見えてきたおすすめ特徴比較

今回の収入アップテーマは【ソーシャルレンディング】です。

利回りの良いソーシャルレンディングで資産形成を目論む人も多いと思います。

数あるソーシャルレンディング事業者の中で、どの事業者がいいのでしょうか。

実際に口座開設して使ってみてわかったことを紹介しますので参考にしてください。

[say name=”なまけもの” img=”https://murishinai-setsuyaku.com/wp-content/uploads/2018/10/m_normal.jpg”]こつこつ投資するために、なるべくリスクの少ない事業者がおすすめです。[/say]

ソーシャルレンディング投資の目的

将来の備え、セミリタイアのための資産形成が目的です。

節約したお金の何割かを投資に回して資産を増やしていこうと思っています。

投資はリスクはありますが、利回りが魅力です。

利回りを得るための一つの手段として、ソーシャルレンディングに着目しました。

資産推移のシミュレーション

節約したで捻出した月2万円の原資を貯金または投資した場合の資産推移をシミュレーションしました。

[box class=”box27″ title=”シミュレーション条件”]

  1. 貯金
  2. 年3%のソーシャルレンディング投資(分配金再投資)
  3. 年5%のソーシャルレンディング投資(分配金再投資)

[/box]

複利効果

年3%で運用できれば、10年で280万円の資産を形成することができます。

将来の備えの一つの候補としてありではないでしょうか。

ソーシャルレンディングのリスク

事業案件がうまくいかなかった場合、投資額が戻ってこないことがあります。

いわゆるデフォルトです。

デフォルトは実際に一部の事業者で起きています。

デフォルトの事例

2018年5月にラッキーバンクで起きたデフォルトの事例です。

[alert title=”ラッキーバンク事件の概要”]

  • 貸付先が社長の親族の企業
  • 担保の不動産の鑑定が正しく行われていなかった
  • 資産や売上の水増しを見逃していた
  • 債権回収会社に債権を譲渡
  • 分配金額は投資額の3割程度

[/alert]

ソーシャルレンディング投資において、貸付先は匿名となっており、その性質が招いた事件です。

資産を形成するためには、事業者が信頼できるかどうかを見極めることが重要になります。

ソーシャルレンディング投資のポイント

[memo title=”ソーシャルレンディング投資の基本”]

  • 投資は余裕資金で
  • 事業者を分散させる
  • 事業案件を分散させる
  • 長期目線での資産形成

[/memo]

おすすめ事業者

Fundsがおすすめです。

募集案件の人気で、すぐに売り切れてしまうのが玉に瑕です。

Funds(ファンズ)

Fundsの基本情報はこちらです。

[memo title=”Funds(ファンズ)の基本情報”]

  • 株式会社クラウドポートが運営
  • 利回り1.5~6%程度
  • 出資先が監査を受けている企業
  • リコースローン
  • 販売手数料無料
  • 1円から投資可能

[/memo]

クラウドポートが設定する基準をクリアしたファンド組成企業に出資しているので、安心感があります。

ファンド組成企業は上場企業やベンチャーキャピタルから出資を受けている企業です。

リスクが少ないと思われている人が多いのか人気は凄まじく、ものの数分で売り切れてしまいます。

募集開始時は気合を入れながら、カウントダウンです。

ようやく投資できました。

funds投資結果

[box class=”box27″ title=”Funds(ファンズ)を実際に使ってみた感想”]

  • 人気が高いので募集ファンドはすぐに売り切れてしまい投資しにくい
  • 分配金の再投資のために1円から投資可能なのは重要
  • ホームページは緑が基調でかっこよくわかりやすい

[/box]

Funds

Fundsはこちら >>

クラウドバンク

クラウドバンクの基本情報はこちらです。

[memo title=”クラウドバンクの基本情報”]

  • 日本クラウド証券株式会社が運営
  • 累積募集金額550億円(2019年5月現在)
  • 回収率100%(デフォルトなし、2019年6月現在)
  • 担保や保証がついているファンドが多い
  • 実績平均利回り6%以上
  • 販売手数料無料
  • 1万円から投資可能

[/memo]

Fundsに比べて投資案件が多いので、いつでも投資できます。

今まで投資した案件はすべて利回り6%で高利回りです。

回収率100%の実績だから、今後も安全とは言い切れませんが、投資先としては外せない印象です。

ただ、早期償還が多いので、再投資する手間がめんどくさいです。

口座状況はこまめにチェックする必要があります。

クラウドバンク実践結果

[box class=”box27″ title=”クラウドバンクを実際に使ってみた感想”]

  • 常に募集ファンドがあるので投資チャンスは多い
  • 早期償還が多い
  • ホームページは赤が基調でかっこよくわかりやすい

[/box]

クラウドバンク

クラウドバンクはこちら >>

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングの基本情報はこちらです。

[memo title=”SBIソーシャルレンディングの基本情報”]

  • SBIソーシャルレンディング株式会社が運営
  • 累積募集金額852億円(2019/1現在)
  • ファンド案件の一部でデフォルトが発生
  • 販売手数料無料
  • 1万円から投資可能

[/memo]

ホームページが一昔前の感じですし、使いづらいです。

リスクは感じつつも利回りが良かったので,

2019年2月カンボジア技能実習生支援ローンファンド(利回り10%)を60,000円分購入しました。

ほったらかして久しぶりにみたら、投資できていませんでした。

資金がずっと遊んでいます。

SBIソーシャルレンディング投資実践結果

[box class=”box27″ title=”SBIソーシャルレンディングを実際に使ってみた感想”]

  • 高利回り案件の募集はあるが、運営がはじまらず機会損失が多い
  • ホームページが使いづらい

[/box]

オーナーズブック

オーナーズブックの基本情報はこちらです。

[memo title=”オーナーズブックの基本情報”]

  • ロードスターキャピタル株式会社が運営
  • 累積募集金額84億円(2018/12/31現在)
  • 不動産投資に特化
  • 利回り4~5%程度
  • 1万円から投資可能

[/memo]

投資案件が少なく人気が高いので、常時投資できません。

募集開始直後はホームページにアクセスが集中して、画面がロードされません。

何度かチャレンジしましたが、今のところ投資できていません。

オーナーズブック投資実践結果

[box class=”box27″ title=”オーナーズブックを実際に使ってみた感想”]

  • 人気が高いので募集ファンドはすぐに売り切れてしまい投資しにくい
  • 募集開始時はホームページが重くなり投資できない

[/box]

まとめ

節約した金額の一部をなるべくリスクの少ないソーシャルレンディングに投資しよう。

投資アクション

  • 節約術で月2万円の投資用の資金を確保する
  • ソーシャルレンディングの利回り3%の案件に月2万円と分配金を再投資する
  • 10年間継続する

 

投資メリット 280万円の資産を形成できる

クラウドバンク

Funds

関連記事

ソーシャルレンディングの特徴と注意点を理解してリスクを回避して年金の足しにする

クラウドバンクのおすすめポイントは利回りが高く投資案件が多いこと

Funds(ファンズ)はリスクが少なそうでおすすめだけど人気過ぎて買えないのが難点

不労所得年間30万円をおすすめ投資によりたった3年で作る方法

ベトナム株の購入方法とおすすめ銘柄、証券会社

節約効果絶大、早期リタイアを目指すなら自販機の利用を止めて投資するべき